要綱の印刷はこちらからファイルをダウンロードして下さい 

第11回木曽川親善リーグ少年野球大会要項
 
1.主 催     NPO法人木曽川文化・スポーツクラブ
2.主 管     木曽川町軟式野球スポーツ少年団
3.目  的     青少年の健全な精神と健全な身体の育成に寄与し、教育の一環とし地域の親善
交流を図ることを目的とする。
4.参加資格   4、5、6年の学童でスポーツ障害保険加入者に限る。
               Aリーグ:6年生以下
               Bリーグ:5年生以下
               Cリーグ:4年生以下
選手登録は1チーム20名以内とし、ベンチ入りは同数まで。
5.参加費     1チーム:\5,000-
6.開会式     平成25年3月9日(土) 予備3月16日(土)
7.閉会式     平成25年11月2日(土)
8.会 期     平成25年3月9日(土)~平成25年11月2日(土)
       中間報告会は1回目を6月30日、2回目を9月29日に行います。
        ※Aリーグは予選リーグを6月30日まで、セミリーグを9月29日までにセミリーグを終了。決勝トーナメント1回戦を10月14日まで、3位決定戦を10月27日までに終了し、11月2日に決勝戦を行う。
         Bリーグは9月29日までにセミリーグを終了。決勝トーナメント1回戦を10月14日まで、3位決定戦を10月27日までに終了し、11月2日に決勝戦を行う。
Cリーグは10月27日までにすべてのリーグ戦を終了。
9.試 合     試合時間は1時間30分7回戦とし、勝敗を決する。
4回以降10点 、5回以降7点差コールドで勝敗を決する。
試合途中降雨の為続行不可能となった場合は、5回終了をもって試合成立とする。     但し、同点の場合は特別ルール(無死満塁)を1イニングを行い、さらに同点の場合は最終出場選手9名による抽選またはジャンケンとする。                 決勝戦の場合は、7回戦または90分とし、コールドゲームはなしとする。
Cリーグについては、投手距離を15m、塁間を22mとし、1回につき7点を取った時点で攻守交替とする。
試合予定についても、ホームチームが担当ブロック長へ報告するものとする。
10.ルール   全日本軟式野球連盟公認規則に準ずる。
11.審 判   各試合3審制で行う。(但し、チーム間で協議して4審制でも可)
主審担当は奇数月は若番、偶数月は後番が担当とします。
審判員の服装は、紺又は黒のズボン、上着は白のポロシャツ又はカッター、審判帽もしくは紺色の帽子とする。
但し、各連盟指定の審判員の服装がある場合には、各連盟指定の服装でも可とする。
決勝トーナメント1回戦はセミリーグ各ブロック1位のチームが主審を担当し、3位決定戦は当該チームで決める。
決勝戦は主催者が担当する。
12.表 彰     優勝チーム       優勝旗 表彰状  メダル15個
            準優勝チーム     トロフィー      表彰状  メダル15個
            3位チーム       トロフィー      表彰状  メダル15個
       ※同率の場合、対戦結果で順位を決定します。対戦結果も互角の場合、再試合もしくは得失点差で順位を決定します。
13.その他     ①Aリーグの予選リーグは6月30日までの勝敗で決する。
Aリーグのセミリーグ及びBリーグのセミリーグは9月29日までの勝敗で決する。
Cリーグは10月27日までの勝敗で決する。
各リーグ戦とも試合消化率100%のチームより勝ち点上位のチームがセミリーグ及び決勝トーナメントへ進出する。
②予選リーグ及びセミリーグの順位は勝ち点により決定する。
勝ち点は、勝ち3点、抽選勝ち2点、抽選負け1点
③出場チームは試合開始30分前に集合すること。
④代表者・スコアラー以外はユニフォーム着用。(ベンチ入り5名まで)
⑤シートノックは各チーム5分以内とする、但し試合運営上シートノックなしで試合を開始する場合がある。
⑥ベンチは組み合わせの若番を一塁側とする。
⑦試合中の投球練習は、初回(投手交代時を含む)7球、以後は3球とする。
⑧抗議および選手交替の通告は、監督(監督代行含む。)が行う。
⑨監督は投手マウンドへ行くことができる。ただし、1イニング2回行けば投手交替となる。
⑩各グランドルールは審判員の指示に従う。
⑪試合中の言動、審判の判定、ファウルボールの処理、応援などは少年野球らしく節度ある態度でお願いします。
⑫投球練習時キャッチャーは、必ずマスクを着用すること。
⑬試合終了後のグランド整備は、両チーム協力して行う。
⑭試合用道具・グランド設営は、グランド提供チームが準備する。
⑮試合運営上、日程その他については各チーム協力し合って行う。
⑯試合結果は、速やかに勝者が担当リーグ長へ報告する。
⑰選手の競技中疾病及び障害については、応急処置は行うがその後の責任は負わない。
⑱試合球は、マルエスC号とし各チーム試合毎に2個づつ出し合う。
⑲雨天の場合、対戦相手同士で調整する。
⑳リーグ戦の会期終了までに全試合消化していない場合には、翌期以降の参加ができない場合があります。
ページ最上部へ戻る